ホーム » 未分類 » 甘噛みの加減

甘噛みの加減

「甘噛みの加減」を教えることは大事なことですが、それがうまくいかない『ケン太』のケースをご紹介しましょう。ケン太の甘噛みはパンパではありませんでした。あいさつをしてみようと手を出した瞬間にガブリ。

牙が刺さり、私の手からは血が。悪気はなく、とても喜んでいるのですが、まだ鋭い乳歯で加減なく噛みついてくるので、簡単に皮膚が破れます! 中途半端によけても、飛んだり跳ねたりして手に噛みつこうとし、届かないとわかると足に、という具合でどこにでも噛みついてきました。今までたくさんの犬たちと出会ってきましたが、ケン太は今でも「甘噛み犬ナンバー1」です。

飼い主さんは、ケン太が初めて飼う犬だそうです。ケン太と出会ったペットショップは、いわゆる悪徳ショップと言ってもいいでしょう。同じ店にいたケン太の同胎犬のメスは、飼い主さんが連れ帰ったその日からぐったりし、3日後に亡くなりました。店のお抱えの獣医師によると、胃炎?と診断されたそうです。じつはこの件は裁判になり、資料提出には私も協力したのですが、飼い主さんが勝訴されました。当時ではたいへん珍しかったのですが、最近では飼い主さん側が有利になることも増えてきているようです。

そんなショップから救いたい!という思いのもと迎えたケン太ですが、出勤するときにもスーツの裾に噛みつくため、朝食は下着のままリビングで済ませ、玄関でスーツに着替えて出勤するとのことでした。

そんなふうに犬を優先してはしつけの基礎が築けないので、朝はケン太をハウスに入れるようアドバイスすると、飼い主さんは「朝は時間がないので、少しでも出してやりたくて」とおっしやいます。時間に余裕がない朝は、飼い主さんが慌てれば慌てるほど犬にとっては楽しい動きになってしまいます。飛びつかれて「やめて!」などと悲鳴をあげれば、犬はますます興奮します。だって、楽しすぎますから。

もっとケン太の行動をコントロールすべきで、「都合のいい女」になってはいけません。今のままでは、「ケン太王子」のご気分がよろしいときには言うことを聞いてもらえても、やりたくないときには従ってもらえなくなる危険性があります。

ということで、飼い主さんとケン太の理想の関係を作るためのベース作りをすることにしました。まずは飼い主さんの意識改革が大事です。そこで私は、かの有名なスポ根テニスマンガの登場人物・お蝶夫人を例にあげることにしました。

「よくってよ、ひろみ」。私は、お蝶夫人のこのセリフが大好きです。ひろみというのは、彼女に憧れるテニス部員の名前です。彼女がひろみと会話するときは、かなり「上から目線」なんですが、いやらしい感じがしないんです。これは、ひろみがお蝶夫人に憧れているということや、お蝶夫人もひろみをかわいがっており、やさしく見守ったり、時には厳しく指導したりしてひろみの成長に尽力している、という関係からくるものだと思うのです。愛情が感じられる理想の関係だと思っています。

飼い主さんには、お蝶夫人風にケン太と向き合ってもらうようお願いしました。「オスワリをなさい、ケン太!」「よくできたわね、ごほうびをあげましょう」「できないのですか? では、ごはんはあげなくってよ」

これが飼い主さんにはハマったようで、とても気に入ってくださいました。

しつけにはこのようなお蝶夫人風の態度が大事になるのです。