ホーム » 未分類 » 「ハウス」とおやつの関係

「ハウス」とおやつの関係

柴犬の『レディ』の2回目のレッスンのとき、飼い主¥主さんが「ハウスができるようになりました!」と言うので、さっそくやって見せてい
ただくことになりました。

ご主人がおやつを持って「ハウス」と声をかけましたが……、レディは入りません。ご主人がだんだんムキになってくると、ハウスをするどころかご主人に向かってワンワン吠えだしてしまいました。

キッチンでお茶の用意をしてくださっていた奥さんがあわててやって来て、間違いを指摘。「あなた、このおやつじゃダメよ!」と。そして、棚にある容器に手をかけた瞬間、レディは吠えるのをやめ、指示を出されてもいないのに、すぐにハウスに入って座りました。

レディは、「お父さん、違う違う!それじゃないよ!」とでも抗議していたのでしょう。レディによる、まさに「お父さんのトレーニング」です。

指示に従うこととおやつのランクには、深~い関係があるのです。犬がしたくないときにしたくない行動をさせるには、「どうしてもそれが欲しい!」と思うようなおやつを使う必要があります。それは、朝、昼、晩と、時間がくれば出てくるドッグフードではダメだったりします。

レディの飼い主さんたちには、正しい関係を作るベースプログラムの実施の仕方を再度見直し、「ハウス」のトレーニングを少なくとも毎日5回、とっておきのおやつを使ってするようにお願いしました。

レディのように、すでに「ハウス」を理解している犬の場合には、まずおやつが手にあるのを見せてから「ハウス」と声をかけます。ハウスに入らなかったら、おやつは与えずに無視します。どうしてもハウスに入れなくてはならないときは、首輪をつかんで誘導して入れ、もちろんおやつは与えません。

スムーズにハウスに入るようになったら、次は気付かれないようにおやつを持ち「ハウス」と声をかけます。入ってくれたら、よくほめておやつを与えます。入りが悪かったら、まだそのステップには早いと考えて、前のトレーニングに戻りましょう。

わが家では、留守番をさせるときにはクレートに入れて出かけるので、私が支度を始めると、犬たちはそわそわ落ち着かなくなり、ハウスの指示を出す前に勝手に入ったりします。

指示に従っているというよりは、空気を読んでいる(?)といったほうが適切かと思いますが、今でも必ず煮干しやパンなどのごほうびを与えています。

おかげさまで、全員ハウスに収めるまでにほんの数秒しかかかりません。おやつを与えないでハウスをさせたい飼い主さんもいらっしやるようですが、とくに出勤時はあまりムダなエネルギーを使いたくないので、楽な方法でやっています。犬たちもとてもうれしそうにしていますよ。